海外の風俗店事情

風俗事情が異なる国もある

海外の特徴を知っておく

本番ができる

ドイツでは、売春が法律で見とめられています。
ですから立派な職業の1つになっています。
しかし、風俗で働く際は、風俗税という税金を支払うシステムになっています。
ここが日本と大きく異なる部分ですね。

日本では風俗はあまり良くないものという認識がありますが、ドイツではそんなことはありません。
国が積極的に風俗のお店を運営するぐらいです。
もちろん、そこでも本番行為ができます。
本番行為をしなければ価格は9000円程度、本番行為があれば1万円ぐらいになるお店が多いです。
風俗を日本で利用する時は、誰にも見られないようこそこそと使っている人が多いと思いますが、ドイツでは堂々と利用できるのでその面は良いかもしれませんね。

オランダの風俗事情

オランダも昔は、日本と同じで売春を法律で禁止していました。
ですが2000年に法律が改正されて、売春をしても良いという決まりになりました。
ですが誰でも売春をして良い訳ではありません。
法律では、16歳以上の女性は大丈夫と決められています。
それ以下の年齢の女性は、売春をすると法律違反になるので罰せられます。

オランダには、有名な風俗のお店が存在しています。
そこを目的に、観光客が訪れるぐらいです。
売春宿のことをオランダでは、飾り窓と呼んでいます。
オランダの有名な観光地を調べると、アムステルダムなどにある飾り窓が紹介されることもあります。
日本と異なる文化を体験することは勉強になるので、オランダに行った際は訪れても良いでしょう。


この記事をシェアする